酸素事業
飲む酸素・酸素クリーム

飲む酸素
「O2 SUPPLE(オーツーサプリ)」

疲れた身体に「急速充電」
お好みの飲み物にいれるだけ。カンタン酸素補給。

ミネラルウォーターの約4000倍の溶存酸素量

市販酸素水約60本分の酸素含有量

酸素サプリ
酸素サプリ

ナノレベルの小さな酸素の粒が身体をめぐります。

オーツーサプリ(濃縮酸素水)は、お好みの飲み物に入れて飲むだけで、体内に100%酸素補給することができる、これまでにないサプリメントです。オーツーサプリは通常の酸素水と違い、開封しても酸素が気化しないため、無駄なくすべて体内に吸収します。
美容や健康の維持、またはストレスや疲労の緩和にお役立てください。

酸素サプリ

O2サプリが選ばれる理由

JCM~より良いものを皆さまに

100%の吸収力

オーツーサプリは、酸素分子を無駄なく体内に100%送り込むことができます。
通常の酸素水のように空気に触れただけで気化し、酸素が抜ける事はありません。

酸素濃度の保持

市販の酸素水のようにキャップを開けると酸素が気化してしまう心配はありません。
開栓した後も酸素濃度を長期間維持します。

超高濃度の酸素水

オーツーアプリは超高濃度酸素水。水道水の8000倍の酸素濃度です。(100mlボトル)

携帯に便利なコンパクトサイズ

オーツーサプリは、大変コンパクトなポケットインサイズ。
外出先やあらゆるシチュレーションで酸素補給を手軽に行えます。


酸素サプリ
オーツーサプリの主成分は米国FDAの基準に基づき、厳しい管理体制で製造された商品です。 FDAとは、消費者が接する機会の多い製品に対し、認可や違反の取締を行う、米国の政府機関です。米国で消費される食品・飲料・サプリメント等の製造は全てFDAの許可取得が必要となります。

酸素クリーム「O2PRO(オーツープロ ボディクリーム)

JCM~より良いものを皆さまに

究極の休養が究極の筋肉を育てるリカバリークリーム。

人は睡眠を取ることで疲労を回復し身体の機能を取り戻します。寝ている間にしか身体のメンテナンスができないからです。近年、疲労が原因で体調不良や不眠に陥ってしまう人が増加しています。
O2 PROのリカバリー効果で筋肉がリラックスすると、良質な睡眠を実現させ疲労の回復を促し、良質な筋肉を育てることにつながります。


独自の製法でミネラルを浸透させる事に成功しました。

皮膚の表面と筋肉に作用させ、表面と中の両側から効果を持続させることに成功、O2PRO独自の技術で効果作用を導きます。有効成分を表面と中の両側から補うことで、筋膜をリリースし、お肌の柔らかさを感じていただけます。

酸素ボックス

JCM~より良いものを皆さまに

筋膜リリース

筋膜とは、内蔵、神経、血管などを覆いながら支え、全身にネット上に張りめぐらされている筋肉線維のことをいいます。
筋膜リリースとは、硬直した筋膜を伸張させ、筋肉の柔軟性を取り戻しカラダの機能性を整えることをいいます。全身の筋膜を整えることで、身体全体の歪みが調整されやすくなります。


O2 PRO のリカバリー効果によって、筋肉が正しく機能すると・・・

基礎代謝がさらに上がります。

血流が良くなり、内臓の働きや基礎代謝にも好影響を与えていきます。

冷え性・肩こりを癒します。

筋肉がしっかりとポンプの役目を果たし、血液を体中に送ります。
そうすると滞っていた血液の巡りも良くなり、冷え性や肩こりなども緩和できます。

姿勢が良くなります。

正しい位置に筋肉がつくようになり、寝ている間に骨格のゆがみが修正されやすくなります。崩れた体型も戻りやすく、姿勢も良くなることが期待できます。

しっとり肌に。

質の良い筋肉は柔らかいもの。
ふわっとした女性らしい質感の肌が手に入ります。基礎代謝が上がると、内臓の機能もアップするため、肌の状態も良くなります。


O2 PRO のリカバリー効果によって、筋肉が正しく機能すると・・・

筋肉疲労、筋膜硬直などの慢性化は、酸素が足りず乳酸と言う疲労分質が溜まり複雑な症状を引き起こすこともあります。首のこり、肩こり、腰痛、関節炎などは病気の扱いをされず、慢性化している方も多いのですが、放置すると内臓疾患、内分泌異常につながる恐れもあります。私たちは酸素を摂取して、貯蓄したエネルギーと混ぜて混合のエネルギーにして身体を動かしています。
効率の良い酸素摂取で体循環を更に高め、内臓の機能を円滑に働かすことで代謝が上がり、筋肉疲労、筋膜硬直、慢性疲労を効果的に解消することが出来ます。
身体の最大の酸素消費は脳です、私達は脳の働きで生命を維持しています。酸素によって脳の機能が向上すれば、おのずから身体の機能は更に向上し、O2PROの効果も倍増することが期待できます。

酸素カーについて